NOZATOの仕事

同郷の先輩の活躍を伝え聞き、
尊敬と親近感から入社を決意。

学校では制御分野に関する勉強をしていたので、学んだことを活かせる仕事がしたいと考えていました。そんな時、学校の先輩が野里電気工業で活躍している、しかも制御の仕事というのを先生から聞きました。その先輩と面識はなかったのですが、同じ学校の先輩が大阪の会社で活躍していると聞いて、憧れのような親近感のような気持ちがわき上がり、この会社で働いてみたいと思ったのを覚えています。学校の先輩が会社にいるなら大阪暮らしも安心だ、なんて思っていました(笑)

現在は、制御盤の設計、そして試運転を担当しています。設計はものづくりの最初、試運転は最後。特に自分が設計した制御盤の試運転を行う際は、いつも気が引き締まります。自分が考えた図面が形になっているのを見た瞬間、言葉で言い表せない喜びを感じると同時に、怖さと緊張感でドキドキするんです。おそらく問題なく動くと分かっていても、この気持ちは毎回変わりません。

入社4年目 設計・技術部門

入社4年目 設計・技術部門

社会人として活躍するには
知識以上に責任感が大切。

これは野里電気工業だけではありませんが、働く上で一番大切なのは責任感だと思います。決して専門知識ではありません。もちろん学校で学ぶことは大切ですが、仕事で使う知識は仕事の中で学ぶ部分が多いですね。最も必要なのは、自分が分からないことを理解しようという積極的な姿勢。それは、自分が任された仕事に対する責任感や成長意欲から生まれるものです。仕事を進める上ではたくさんの課題や問題が立ちはだかりますが、それを一つひとつ解決していくためには、自ら課題解決に立ち向かう積極的な姿勢が必要です。ひいてはそれが知識のアップデートや蓄積につながっていくと考えています。

課題や問題を解決するのは大変ですし、地道な作業でストレスもあります。しかし、試運転が問題なく完了し、お客さまから「ありがとう。お疲れ様でした」と言っていただいた瞬間、すべての苦労は吹き飛び、嬉しさとともにやりがいを感じます。その瞬間のために仕事をしている、と言っても過言ではありませんよ(笑)

職場に目標となる人がいることは、
自己成長のモチベーションとなる。

月並みな言葉かもしれませんが、野里電気工業は良い会社です。人生の先輩であると同時にハイレベルの技術者でもある先輩や上司は、皆さん優しく丁寧に指導してくれます。しかも人間的にも尊敬できる。一緒に働くだけで技術的にも人間的にも成長できる環境があるのは、野里電気工業ならではだと思っています。私自身、まだまだ制御盤に関する知識で未熟な部分があります。尊敬する先輩や上司から知識を吸収し、経験を積んで少しでも近づきたい。もちろんミスをした時は注意されることもありますが、すべては私自身のため。次回同じミスをしないよう、しっかりと学ぶことでミスを成長につなげたいと考えながら仕事に取り組んでいます。

いつかは私も技術者として誰かに教え、教えを請われる日をめざして学び続けていきます。

入社4年目 設計・技術部門

  • 新入社員の仕事 01 入社1年目 営業職
  • 新入社員の仕事 02 入社1年目 施工管理
  • 新入社員の仕事 03 入社1年目 施工管理
  • 新入社員の仕事 04 入社2年目 施工管理
  • 先輩社員の仕事 01 入社3年目 施工管理
  • 先輩社員の仕事 02 入社4年目 制御盤設計
  • 先輩社員の仕事 03 入社5年目 制御盤設計
  • 先輩社員の仕事 04 入社6年目 施工管理
ページトップへ