NOZATOの仕事

自ら積極的にアクションする姿勢。
仕事には知識より大切なものがある。

制御盤の設計を担当しています。制御盤とは、工場内の生産ラインの稼働を司る電気信号をコントロールするものです。私は紡績関係などの制御盤を担当することが多いですね。制御盤の設計やプログラム作りなど、制御システムのハードとソフトの両方を担当しています。学生時代は制御工学を学んでいたので、その知識は結構生かせていますよ。

ただ、野里電気工業に入社し、社会人として働き始めると、知識とは別のものが必要なんだと感じるようになりました。中でも、自ら積極的に行動し、提案する…そんな姿勢が大切だと思っています。
なぜなら私が担当する制御盤は、毎回お客様に合わせてカスタマイズしたオリジナル製品を作ることになるので、以前覚えたことを覚えた通りにこなすルーチン作業じゃ絶対にうまくいかないんです。周囲の意見やアドバイスを参考にしながら、毎回トライ&エラーを繰り返します。積極的にアクションしないと、ゴールが近づいてこない仕事なんですよ。

そのせいもあって、どちらかというと受け身な性格なんですが、自分が知りたいこと、学びたいこと、やりたいことを意識して仕事に取り組むようになりました。すると、身につくスピードや仕事の精度が向上するのを実感したんです。それ以来、失敗しても自ら積極的に挑戦するようにしています。

入社5年目 設計・技術部門

入社5年目 設計・技術部門

最初から最後まで任されているからこそ味わえる瞬間、こみ上げる想いがある。

当社は決して大きな会社ではありません。ただ、だからこそ良い部分がたくさんあります。一番は、ひとつの仕事を最後まで一人で担当する点ですね。自分が担当となったプロジェクトは、設計から仕事の進め方、設置や現場での最終調整まで関わります。だから自分のペースで試行錯誤しながら、自分が思うことを形にできる。大企業では、設計やソフト開発、図面作成など、分業制で行うようですが、当社では基本的にひとりで行います。大変ですが、だからこそ完成時のやりがいも人一倍大きくなるんですよね。

自分が設計した制御盤を検査し、現地で設置や試運転調整を行ったものが予定通りに稼働し、お客様からOKをいただく、このすべてが私の責任です。トータルに関わるからこそ、生産ラインが稼働し始めた瞬間には、生産する製品の根底を担っているという想いや自信のようなものがわき上がってきます。何度経験しても最高ですよ。この瞬間があるから、すべてを任されて最後までやりきるスタイルの方が好きなんです。

世界のあらゆる国で、自分が設計した制御盤を活躍させたい。

当社の仕事は、人と人のやりとりからすべてが生まれます。例えば、社内調整やお客様との調整、協力会社や職人さんの調整。すべてが人と人との関係の中で動いていく。だからコミュニケーションが重要です。話しの上手、下手ではなく、自分の考えを正しく伝え、相手の意図をしっかり理解できればいい。簡単そうだけど難しいんですよ、これが(笑)
でも、それだって当社で働けば身についていきます。私も現場に一人で行くようになりましたが、まだまだ半人前。先輩のアドバイスやサポートに助けられることが少なくないのも事実です。どんな現場でもしっかりコミュニケーションして、完全に一人でやり遂げられるようになることが目標です。

そんな自らを成長させてくれるフィールドとなる現場は遠方も多く、長期の出張もあります。でも、出張先での生活は気分が変わるので好きです。北陸や四国への国内出張は経験しましたが、まだ海外への出張は未経験。いつか自分が設計した制御盤を設置するための海外出張を経験したい。そして、生産ラインが稼働する瞬間の高揚感を海外で味わってみたいですね。

入社5年目 設計・技術部門

  • 新入社員の仕事 01 入社1年目 営業職
  • 新入社員の仕事 02 入社1年目 施工管理
  • 新入社員の仕事 03 入社1年目 施工管理
  • 新入社員の仕事 04 入社2年目 施工管理
  • 先輩社員の仕事 01 入社3年目 施工管理
  • 先輩社員の仕事 02 入社4年目 制御盤設計
  • 先輩社員の仕事 03 入社5年目 制御盤設計
  • 先輩社員の仕事 04 入社6年目 施工管理
ページトップへ